本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 東野圭吾の本(4) | main | 新刊:『しゃばけ』作者の現代物「アコギなのかリッパなのか」畠中恵(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
びっくり昭和20年代に既にあった、東大生起業家の栄光と転落

ライブドアのホリエモンの報道を見て、おじさん世代は、「光クラブ事件」を思い出した方も多いようです。東大のエリート山崎が、金融会社・光クラブを設立。最後(昭和24年1月)は、「人生は劇場だ」と、青酸カリで服毒自殺したそうです。
この「光クラブ事件」を題材に小説化したのが、「白昼の死角」です。映画やドラマにもなった、面白い作品です。映画のキャッチフレーズ、「狼は生きろ、ブタは死ね!」が、当時とても話題なったようです。

ライブドア事件の方は、その後、どうのように動いていくのでしょうね。

もう一つの光クラブ事件をモデルにした小説として、あの割腹自殺した三島由紀夫の「青の時代」があります。

白昼の死角白昼の死角 高木 彬光(著)
光文社 2005-08 文庫(新装版)

おすすめ平均star
star高木氏の作品中イチ押しの傑作悪漢小説!
star復刻めでたい。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

青の時代 三島 由紀夫(著)
青の時代
| 注目の本 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(1)
| - | 16:47 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ライブドアショックと光クラブ事件について。
ここんとこ毎日ライブドア関連のニュースですね。
| 富山ではたらくコンサルタントのblog | 2006/01/26 1:35 AM |
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
with Ajax Amazon