本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「HEROES(ヒーローズ)」DVD | main | 「おまけのこ」畠中恵 >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
学校 ならのみやこに咲く花のにほふがごとく今盛りなり
JUGEMテーマ:読書

「鴨川ホルモー」が面白かった。「鹿男あをによし」も、どちらも古都の街の様子が目に浮かぶようだった。そして、1000年以上の歴史を持つ都の空気の匂いをかいだような気がした。ちなみに、東北人のくせに見習い店員は高校の修学旅行で京都・奈良に行っていないけど…さ!
ところで、万城目を“まんじょーめ”と読んで、友達に“まきめ”だよと笑われた。

鹿男あをによし
434401314X万城目 学 幻冬舎 2007-04売り上げランキング : 288おすすめ平均starstar実際の奈良の町の描写が。star奈良が舞台の青春小説?starドラマ化らしいAmazonで詳しく見る by G-Tools


ところで、「あをによし」=「青丹よし」は単なる奈良の枕詞(装飾の決まり文句)ではないようだ。色々な解釈があるようだが、「青丹よし」についてもっと良く知れば、さらに1300年前の都のきらびやかさが浮かび上がるであろう。
「からしら萬朝報」というサイトの「青丹よし」という記事を一読されることをおすすめする。
さわやかスポ根ものに終わらせなかったのはよかった。
ところで、「鹿男…」はドラマになるそうで。知らずに読みましたが、ホルモーよりは確かにドラマにしやすいかも。神の使いが目の前で大層なことを言いながら○○をポロポロと…なんていうユーモアや可愛くてかっこいい女子高生が出てきたり、マドンナ&赤ひげなど、受ける要素はたくさんあるから。
いやーしかし、よくこんな物語を考えるものだ。
| 話題の本 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 20:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-books.jugem.jp/trackback/762
トラックバック
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
with Ajax Amazon