本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「ねこのばば」畠中恵(著) | main | 「おっぱいバレー」水野宗徳(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
おばけ 妖しい恒川ワールド、再び

ある因習深い田舎の村の話…。そこでは、四季の間に、もう一つ、雷の季節がある。雷は全てを浄化する…。

雷の季節の終わりに雷の季節の終わりに 恒川 光太郎(著)
単行本 角川書店 2006-11

おすすめ平均star
star実力があるからこその作品
star絵画あるいは映像的な想像力
star圧倒的な世界観
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ところで、前作の単行本「夜市」では、「風の古道」のほうが好きだ。
この「雷の季節の終わりに」も世界のすぐ隣にあり、かすかに交流のある別の世界の話だが、「風の古道」とは別の世界の話。「風の古道」の話をもっと読みたいと思っていたのだが、ちょっと残念。でも、ぐいぐい惹きこまれて、美しく哀しく淡白な味わいのこの話も堪能できた。最後のほうに、現世から雷季のある村に通じる途中の草原は、たくさんの別の世界の道にもなっている、ということだから、この話もまた、「風の古道」につながるものかもしれない…と、まだ未練があったりして。
全てを語りつくさないところがいいのかもしれない。少年の成長につれて、謎は少年が知りえる程度に少しずつ正体を現してくる。おしまいのほうに、「雷季のある村」での出来事の深い理由などがさらに少しずつ明かされるが、それにしても全てではない。いつか、現世以外の別世界たちについて、恒川氏が明かしてくれることがあることを期待する。(それとも、一作一作、まったく別物、まったく別の世界観なのかな?)
ところで、「雷の季節の終わりに」では、複数の登場人物が主人公である物語が展開される。それぞれの章に、その章の主人公の名が冠される。
だけど、お姉さんの章は、このように特別にたくさん紙数を割く必要があったのかな。物語としては面白いのだが。それぞれの物語が最後に集約していくとき、お姉さんは主人公の脇役として終えてしまうので、肩透かしをくった気がした。それとも、いつか、お姉さんの物語でも書くつもりで力を入れた?…とは思えないが。たんに現世と「雷季のある村」の係わり、さらに、忌まわしい男について語るために用意されたように思うのだが…それにしては力を入れすぎているのでは?
| 注目の本 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 19:16 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-books.jugem.jp/trackback/755
トラックバック
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
with Ajax Amazon