本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「あなたもこうしてダマされる」ロバート・レヴィーン(著) | main | 「東京ダモイ」鏑木蓮(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
お金 ヤバくない経済学

「『経済学』なんて、しち面倒くさい!」なんて思う、その昔、教養の経済が前期良、後期不可だった見習い店員でも、思わず「何これ!?面白そう…」と思わせるタイトル。中身も、経済学というものの、読み物なので、不可の見習い店員も最後まで読み通せるもののようです。

ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検するヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する
スティーヴン・レヴィット(著), スティーヴン・ダブナー(著), 望月 衛(訳)
東洋経済新報社 2006-04-28 単行本

おすすめ平均star
starインセンティブは金だけじゃない。
star人の合理的行動を解説する
star気分が暗くなる…
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中身は、経済学者が、経済行動を起こさせる(あるいは起こっている)人間の行動について、事例を列挙。スティーヴン・レヴィット氏は経済学者、スティーヴン・ダブナー氏はライターで、スティーヴン・レヴィット氏の話を、読みやすく面白くこの書いている人、というところでしょうか?
「なぜ、このような結果(経済活動)が起こったのか?」という動機(原因)の部分を、通常の説ではなく、ユニークな視点で教えてくれる(ただし、アメリカ人の行動ですが)ので、これを、今の日本の様子にあてはめて、日本人の民族特性を考えて、どうしてこういう結果になるのかを考えると、ビジネスにあらたな視点を持つことができるかもしれませんね。

経済学的に言うと、日本相撲協会が怒りそうな内容も、あるようで…。
| ノンフィクション | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 06:28 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-books.jugem.jp/trackback/744
トラックバック
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
with Ajax Amazon