本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「不幸な子供」エドワード・ゴーリー(著) | main | 8月の新刊「三年坂 火の夢」早瀬乱(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
読書 読書人だからこそ言える、『書を捨てよ』

ドラマでちらっと見た「下北サンデーズ」がちょっと面白かったので。演劇と言えば、やっぱり「天井桟敷」の寺山修司を知っておかなければ。「天井桟敷」も「黒テント」も、サブ・カルチャー(現実の生々しいムーブメント)だったのが、もはや歴史の一部になろうとしている(過去のできごと)のかも。
ところで、今の時代は、『書を捨てよ』どころか、はじめっから『書は捨ててます』みたいな感じがして寂しい。学生時代は、頭でっかちになるくらいに、書にのめりこんだほうがいいと思う見習い店員です。

新・書を捨てよ、町へ出よう新・書を捨てよ、町へ出よう 寺山 修司(著)
河出書房新社 2006-07-05 文庫

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「た」行の作家 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 23:35 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-books.jugem.jp/trackback/692
トラックバック
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
with Ajax Amazon