本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「いのちの森を生む」宮脇昭(著) | main | 「宇宙で一番優しい惑星」戸梶圭太(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
見る ひきこもり探偵、登場!

ひきこもりの親友・鳥井真一を外に連れ出すため、坂木司は身の回りで起こった不思議な出来事の解決を願い出るが……。さわやかな余韻を残すシリーズ第一作、待望の文庫化。

青空の卵青空の卵 坂木 司(著)
東京創元社 2006-02-23 文庫

おすすめ平均star
starちんすこうを食え、坂木。レスポンスがあってもなくても、お前はお前だ。
star世間のものさしでなく、自分の心を満たすものさしを探そう
star引きこもり探偵登場!
※上記は全て単行本の評価です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


面白かったです。ひきこもり探偵って、安楽椅子探偵のように、頭だけで事件を解決してしまう、理知的なのかと思っていました。在宅プログラマーという設定からして、知的ではあるが、社会と距離を取りたい冷たいor醒めた人物を想像していましたが、全然違いました。かなり、ホットでウェットです。ちょっと、少女マンガのような甘やかな感じは否めませんが。
アンバランスで孤高、自分にない才能を持つ存在に強く憧れる気持ち、よく判ります。それは見習い店員も凡人だからでしょうねー。
それにしてもワトソン君は、良く泣くなぁ。思いっきり人も良さそうだし、男臭くないし。これで外資系保険の外交員が、良く勤まっている、営業成績は大丈夫かと、心配になったりして。

創元推理文庫では、この魅力的なひきこもり探偵シリーズを、今年、順次文庫化していくそうです。夏ごろ第二弾が文庫化するらしい。待ち遠しいことだ。

仔羊の巣仔羊の巣 坂木 司(著) おすすめ平均star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動物園の鳥動物園の鳥 坂木 司(著) おすすめ平均star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 面白そうな本 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1)
| - | 23:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
坂木司『青空の卵』(創元推理文庫)
坂木司『青空の卵』を読んだ。 文庫本の帯に「名探偵はひきこもり」とある。読んでみ...
| 書評風-読んだら軒並みブックレビュー | 2006/07/13 12:12 PM |
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
with Ajax Amazon