本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「われはロボット」アイザック・アシモフ(著) | main | 3月の新刊「Op.ローズダスト」福井晴敏(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
女個人的には『カラマーゾフの兄弟』が面白い。

作家加賀乙彦がドストエフスキーを読み解く。
二十一世紀の今日なお読者を魅了してやまない作品の現代性の秘密はどこにあるのか。『死の家の記録』『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』の五作品をテキストに、小説の構造、伏線の張り方、人物の造型法などを読み解く。小説に仕掛けられた謎や隠された構造を明らかにするとともに、ドストエフスキーの宗教的な主題に光を当てた画期的な作家論、作品論である。

小説家が読むドストエフスキー小説家が読むドストエフスキー 加賀 乙彦(著)
集英社 2006-01 新書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


貪婪淫蕩な父フョードルの血をうけた三兄弟―激情にまかせ放縦無頼の日々をおくるドミートリイ、徹底した無神論者の理性人イヴァン、そして無私の愛にみちた敬虔純真なアリョーシャ。僧院での一族の会合から、雄大深遠な思想のドラマの幕はあがる。

カラマーゾフの兄弟〈第1巻〉カラマーゾフの兄弟〈第1巻〉 ドストエーフスキイ(著) 米川 正夫(訳)
岩波書店 1957-01 文庫

おすすめ平均star
star「教養」を考える
star「教養の崩壊」について
star名作の王道
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カラマーゾフの兄弟〈第2巻〉カラマーゾフの兄弟〈第2巻〉 ドストエーフスキイ(著) 米川 正夫(訳)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カラマーゾフの兄弟 第3巻 (3)カラマーゾフの兄弟 第3巻 (3) ドストエーフスキイ(著) 米川 正夫(訳)
Amazonで詳しく見る by G-Tools

カラマーゾフの兄弟 第4巻 (4)カラマーゾフの兄弟 第4巻 (4) ドストエーフスキイ(著) 米川 正夫(訳)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


見習い店員は、かなり前に「カラマーゾフの兄弟」を読みましたが、興味深かったです。また、読んでみようかな…。ただし「悪霊」は前半の退屈さに挫折しましたたらーっ
| 海外作家 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 08:27 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
with Ajax Amazon