本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< ハードSFの醍醐味!グレッグ・イーガンの作品一覧 | main | 「祈りの海」グレッグ・イーガン(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
2034年、地球の夜空から星々が消えた。正体不明の暗黒の球体が太陽系を包みこんだのだ。世界を恐慌が襲った。この球体について様々な仮説が乱れ飛ぶが、決着のつかないまま、33年が過ぎた…。ある日、元警察官ニックは、病院から消えた若い女性の捜索依頼を受ける。だがそれが、人類を震撼させる量子論的真実につながろうとは!ナノテクと量子論が織りなす、戦慄のハードSF。

面白かったですよ!読み応えあり。見習い店員は「万物理論」よりは「宇宙消失」が好きです。

宇宙消失宇宙消失 グレッグ・イーガン(著) 山岸 真(訳)
東京創元社 1999-08 文庫

おすすめ平均star
star☆★☆★ダウンタウンdx☆★☆★
starハードSFの真骨頂
star量子力学的小説
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グレッグ・イーガンの本 一覧
| - | 12:43 | comments(0) | trackbacks(1)
| - | 12:43 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「宇宙消失」グレッグ・イーガン / 宇宙から星々を消したのは誰だ?
シュレーディンガーの猫 という仮説理論をご存知だろうか。 あるいは不確定性原理 は? いずれも量子力学 では基礎の範疇であり、乱暴に説明すると、観察者の存在が実験対象に干渉し、実験の結果そのものを左右してしまうという定理である。 不確定性原
| 辻斬り書評  | 2006/02/28 11:41 PM |
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
with Ajax Amazon