本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「地下街の雨」宮部みゆき(著) | main | スタンリー・キューブリック監督の映画DVD「博士の異常な愛情」 >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
嬉しいホラー「アナザヘブン」のコンビによる癒し系ファンタジー

東京に初雪が降った夜、高級料亭のゴミ置き場に、生まれたばかりの赤ん坊が捨てられていた。その子を発見したのは、流という名の記憶喪失のホームレスだった。拾われた赤ん坊は「アナン」と名付けられ、流と仲間たちによって育てられる。やがて、アナンの周囲で不思議な現象が次々と起こるようになる―。

アナン、(上)アナン、(上) 飯田 譲治・梓 河人(著)
講談社 2006-02-16 文庫

おすすめ平均(単行本より)star
starとにかく読んでみて☆
star面白かった
starこれ以前の飯田・梓作品とは違います
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アナン、(下)アナン、(下) 飯田 譲治・梓 河人(著)
海辺の町に移り住んだアナンは、モザイク製作にその才を発揮し、周囲の人々を驚かせる。彼の作品は美しく、観る者すべてを癒す、神秘的な力を宿していたのだ。アーティストとしての人生を歩み出したアナンが、「未来」という名の扉を開ける―。
by G-Tools


イノチっておわらないよ。すべての親とこどもにささげる愛と希望の物語。

イエナシビトのながれと猫のバケツが拾ったもの、それはなんと赤ちゃんだった!アナンと名付けられた赤ちゃんは、成長するにしたがって周りの人に希望と感動を与えるようになる。猫のバケツの視点から語る、不思議な少年(アナン)と猫の友情と希望の物語。

ぼくとアナンぼくとアナン 梓 河人(著)
角川書店 2001-12 単行本

おすすめ平均star
star子供ができたら読んであげたい本
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 猫が出てくる本 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 15:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-books.jugem.jp/trackback/252
トラックバック
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
with Ajax Amazon