本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(著) | main | 今は絶版のようですが…「B型陳情団」奥田 英朗(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
女第134回芥川賞受賞

「沖で待つ」は、メーカー同期入社の男女が主人公。

「おまえさ、秘密ある?」住宅設備機器メーカーに入社して福岡支社に配属された同期の太っちゃんと女性総合職の私。深い信頼と友情が育っていく。どちらかが先に死んだら、生き残った者が、死者の秘密を守るためにパソコンのハードディスクを壊す約束をする。
そして太っちゃんの死。太っちゃんとの約束を果たすべく彼の部屋にしのびこむ。

作者の絲山(いとやま)秋子さんは、芥川賞の賞金100万円の半分を、海外で医療や災害・戦災の復興活動をしている団体に寄付することにされたそうです。

沖で待つ沖で待つ 絲山 秋子(著)
文藝春秋 2006-02-23 単行本


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 文学賞 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(1)
| - | 14:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
『沖で待つ』
 先日芥川賞を受賞した絲山秋子『沖で待つ』は、会社員の同期の話と言うのでしょうか。短い作品です。  前回の『土の中の子供』ほど、肩に力の入っていない作風。「芥川賞」になりづらい設定の作品です。著者の会社員経験がかなり反映しているのだろうと読んでわか
| 27−28歳 今日の1冊 | 2006/02/15 10:29 PM |
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
with Ajax Amazon