本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
<< 「順列都市」グレッグ・イーガン(著) | main | 2月の新刊「包帯クラブ The Bandage Club」天童荒太(著) >>
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
楽しいどっちが患者なのか?
トンデモ精神科医伊良部の元を訪れた悩める者たちはその稚気に驚き、呆れ…。水泳中毒、ケータイ中毒、ヘンなビョーキの人々を描いた連作短篇集。

表紙の天使の意味は、中味を読めば歴然。まさしく天使のような純粋さで、悪魔のようなささやきと行動…!

イン・ザ・プールイン・ザ・プール奥田 英朗(著)
文藝春秋 2002-05 単行本

おすすめ平均star
starキャラクタが最高
star面白い
star中身も。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

空中ブランコ空中ブランコ 奥田 英朗(著)
2004年第131回直木賞受賞。「イン・ザ・プール」の続編。面白さは進化する!
by G-Tools


面白い作品が、映画になっても面白いままだと、嬉しいもの。

イン・ザ・プールイン・ザ・プール 松尾スズキ(主演) 奥田英朗(原作) 三木聡(監督)
ポニーキャニオン 2005-10-19 DVD

おすすめ平均star
star脅迫神経症の気持ち、よくわかります
star何回観ても笑える
starオダギリと松尾の微妙なコラボに大笑い
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


奥田英朗の本〈2〉
| - | 19:11 | comments(0) | trackbacks(1)
| - | 19:11 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://i-love-books.jugem.jp/trackback/218
トラックバック
奥田英朗を読み解く その3
奥田英朗の自伝的小説『東京物語』は、1989年の11月10日の「バチェラー・パーティー」で終わっている。主人公は30歳になろうとしていたが、「現在の仕事の充実と収入増を考えつつも、どこか仮の姿という意識をもっていた」彼は得意先である地上げ屋社長の胡散
| 音次郎の夏炉冬扇 | 2006/02/13 1:20 AM |
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
with Ajax Amazon