本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
嬉しい いろんな意味で母恋し
JUGEMテーマ:読書

見習い店員の初荻原は「オロロ畑でつかまえて」だった。ユーモア作家とでも言うのだろうか?面白いこと書く作家だなぁと。いくつかの作品を経て、「母恋旅烏」を読んだ。
やっぱり、面白いなぁ。姉ちゃんがいい味出している。こんな演歌歌手、いないかな。苦手な演歌も好きになるかも。

母恋旅烏 (双葉文庫)
4575509809荻原 浩
双葉社 2004-12
売り上げランキング : 40448

おすすめ平均star
starユーモア作家、荻原浩の本領が存分に発揮されて読み応えがある、荻原浩の代表作の一つ
star涙と笑いの人情劇場、最高傑作!
star荻原さんは幅が広い!!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何事も、自分勝手な思い込みで一人で突っ走っちゃぁだめなのよ、父ちゃん。自分では上手くやっているつもりでも、実は世渡りが下手でロマンチストな父ちゃんの姿は、せつないなぁ。
| 「あ」行の作家 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0)
雷 「島」という特殊性にしてミステリー性

昔、海難事故でその島の漁師に救助された父が、その翌年に亡くなった。その死には、謎がありそうだった。それを解こうと、浅見は島をおとずれる。
島や半島というのは、密室にも似た状況になるので、ミステリーとしての謎が深まるのだろう。事件は島でよく起きるのだった。島は人間関係も濃かったりして、余計おどろおどろしく謎にしやすいのだ。

贄門島〈上〉贄門島〈上〉 内田 康夫(著)
文藝春秋 2006-08 文庫

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


贄門島〈下〉贄門島〈下〉
内田 康夫(著)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0)
温泉 当ホテルは、《刺青の無い方》入浴お断り!

ヤクザの大親分が温泉リゾートホテルのオーナーに。人はそれを「プリズンホテル」と呼ぶ。任侠団体専用(?)の不思議なホテルに集まる人々の悲喜こもごも!

プリズンホテル〈1〉夏プリズンホテル〈1〉夏浅田 次郎(著)
集英社 2001-06 文庫

おすすめ平均star
star最高です
star大好き!こんなホテルあったらぜひ行きたい!
star惜しい
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


プリズンホテル〈2〉秋
プリズンホテル〈2〉秋
プリズンホテル〈3〉冬
プリズンホテル〈3〉冬
プリズンホテル〈4〉春
プリズンホテル〈4〉春
| 「あ」行の作家 | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0)
ペン とことん、日本語にこだわってみる。

井上ひさし氏の作文教室の講義録。作文(なつかしい!苦手だった!)を書く人はもちろん、メールやブログを書く人にも役立つ、極意!(って、見習い店員こそ先に読め、と言われそうです)

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 井上 ひさし ほか 文学の蔵(編)
新潮社 2001-12 文庫
おすすめ平均 star
star物書きのエッセンスが豊富
star誰にとっても役に立つ
img src="http://g-images.amazon.com/images/G/01/detail/stars-5-0.gif" alt="star" />作文を書き出せる!!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本人として生まれて、日常、日本語を操りながら、文法なぞとんと意識したことはありません。「文法」という言葉を聞くと、はるか昔のあの退屈な英文法の時間を思い出す見習い店員です。日本語文法の解説本もさぞかし退屈であろう…と思いましたが、そこは井上ひさし氏、こんなに文法で面白くていいのだろうか、という本。

私家版 日本語文法私家版 日本語文法井上 ひさし(著)
新潮社 1984-09 文庫
おすすめ平均 star
starエンターテイメントとしての日本語
star今も色褪せぬ永遠の目ウロコ本
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


言葉の見本帳、だそうです。やはり、作家さんだからこそ、とことん日本語にこだわるのでしょうか。また、ここまで色々と日本語にこだわるからこそ、面白い小説が書けるのですね。ほかにも、井上氏は日本語に関する本を様々書いていらっしゃるようです。へぇ〜、知らなかった。

にほん語観察ノートにほん語観察ノート 井上 ひさし(著)
中央公論新社 2004-04
おすすめ平均 star
star言葉に対する日頃の心得
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0)
楽しい あの頃…

昭和40年代の「少年時代」。田舎の町に、その町だけの大人になる儀式めいたものが残っていた時代の、少年の成長物語。夏目漱石のストーリーを昭和によみがえらせたような小説らしい。

少年時代少年時代 池永 陽(著)
双葉社 2006-07 単行本

おすすめ平均star
star世代のズレがネックになる中学生成長物語
star懐かしくも甘酸っぱい少年時代の思い出がよみがえる!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昭和40年代といえば、高度成長期に入って、敗戦の色も薄くなり、人も国も浮かれていたような印象がある。また、労働組合や学生運動なども盛んで、血気盛んというか、活気があったというか…。反面、情報は今よりずっと発達していなかったから、地域独特の文化がまだ色濃く残っていて、地方での地域共同体の絆も強かったように思う。(都会と地方の落差があった)そんな時代の少年時代は、どうだったろうか。
| 「あ」行の作家 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0)
曇り 愛と青春の青春小説

現代のフリーターと、昭和19年の軍国青年が入れ替わった!2人の青年がかいま見た世界…。

僕たちの戦争僕たちの戦争 荻原 浩(著)
双葉社 2006-08 文庫

おすすめ平均star
star一気に読みました!ちょっとネタばれかもなので読む方は気をつけてください。
starすごくよかった。
star戦争はいやだ・・・
※評価は単行本のものです。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0)
女 女子高生の青春ストーリー

高校生の少女達の青春ストーリー。あさのあつこさんが描く中高生といえば男の子ばっかりでしたが、本作は、女の子の物語です。さて、どのように仕上がっているでしょう?

ありふれた風景画ありふれた風景画 あさの あつこ(著)
文芸春秋 2006-08 単行本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0)
楽しい 『笑える本』

本屋の店頭に本屋推薦の『泣ける本』とPOPが立ち、いかにも読んだら涙必出の本達が。そしてその隣には『笑える本』のPOP。そこには、なつかしの「モッキンポット師の後始末」が…!しかし、『泣ける本』の隣に『笑える本』とは、素晴らしい。さらに選んだ本が素晴らしい。
神学校の悪たれ学生達に手を焼く人の良い神父モッキンポット師。ほのぼのと、そして、ガハハと笑える。ところで変な名前だけど、フランス人神父さんです。

モッキンポット師の後始末モッキンポット師の後始末 井上 ひさし(著)
講談社 1974-06 文庫本

おすすめ平均star
starこんな神父さんがいてくれたら
star笑いがとまりません
starモッキンポット師に★×1000の星を
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モッキンポット師ふたたびモッキンポット師ふたたび 井上 ひさし(著) 文庫
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0)
女 文庫化にあたって改稿したそうです。
それにしても伊坂幸太郎氏、またもや直木賞、残念でした。

重力ピエロ重力ピエロ 伊坂 幸太郎(著)
新潮社 2006-06 文庫

おすすめ平均star
starこの人は偉い・・・
star絆のはなし
star『賞賛に値する』
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(1)
銃 ハードボイルドを楽しむ

ヤクザより悪いヤツ、悪徳刑事に迫る刺客。禿鷹シリーズの完結編。

禿鷹狩り―禿鷹〈4〉禿鷹狩り―禿鷹〈4〉 逢坂 剛(著)
文藝春秋 2006-07 単行本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


禿鷹の夜
禿鷹の夜 逢坂 剛(著)
おすすめ平均
stars文体が読ませます
starsどうして「このミス」で3位だったの?
stars展開の予想できない作品
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「あ」行の作家 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0)
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
with Ajax Amazon