本屋さんごっこ

「見習い店員」の好みと趣味で、本を紹介。ある人には便利、ある人には全然役立たず、間違いなし。
本についてのリンクはamazon.co.jpにつながっています。
当サイトをご参考に、本屋のショッピングはamazon.co.jpでお楽しみ下さい。
※価格が表示されないときは、ブラウザの更新ボタンを押してください。
SELECTED ENTRIES

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
映画 映画は観るもの?それとも創るもの?

小説「血と骨」の作家、梁石日が、小説が映画になるまでの過程を通して、映画に取り憑かれた人達の狂乱を描く。

シネマ・シネマ・シネマシネマ・シネマ・シネマ 梁 石日(著)
光文社 2006-06-21 単行本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画「血と骨」の世界映画「血と骨」の世界 崔 洋一,梁 石日,鄭 義信
Amazonで詳しく見る by G-Tools
| 「や」行の作家 | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0)
女 「嫌われ松子の一生」の山田宗樹氏の最新の本。短編集。

ランチブッフェランチブッフェ 山田 宗樹(著)
小学館 2006-06 単行本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


松子の死から4年、松子の甥と元恋人の物語。
ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生
山田 宗樹(著) 単行本
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0)
銃 F県警強行犯シリーズ第一弾

『半落ち』で知られる横山 秀夫氏。かなり本格的な警察小説らしい。誰かがスター、というのではなく、事件をめぐる警察組織の動きや人間模様が鮮やかに描かれているそうだ。すでに続編の連載が開始されているという。

第三の時効"第三の時効 横山 秀夫(著)
集英社 2006-03-17 文庫

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

半落ち半落ち 横山 秀夫(著)
おすすめ平均star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0)
空腹に悩む落ちぶれ浪人の建前と本音。

日日平安日日平安 山本 周五郎(著)
新潮社 1965-06 文庫

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0)
様々な周五郎を垣間見ることが出きる短編集。

大炊介始末大炊介始末 山本 周五郎(著)
新潮社 1965-01 文庫

おすすめ平均star
star山本周五郎らしさのかたまり
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0)
おはな 殺害現場に散る椿の赤い花弁は、何を意味するのか?

五弁の椿五弁の椿 山本 周五郎(著)
新潮社 1964-09 文庫

おすすめ平均star
star納得いかない面もあるが、筆力でねじ伏せられた感じ
starちゅらさんの背後霊の漂う‘おしの’の復讐劇
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0)
たらーっ 山本周五郎の現代物

山本周五郎は苦闘の青年時代、漁師町であった浦安に、数年間住み着いたことがあったそうだ。それがモデルになっているらしい。

「青べか物語」の主人公は、確かにそこにいるのだがセリフはなく、相手からの反応で、主人公がなんと言っているのかがわかる、という、面白い書き方だ。おかげで、読み手である私は、主人公の目を借りて、直接土地の人々とやりとりしたり、風景をながめている気分を味わえた。
山本周五郎の数々の時代小説とは違う、貧しい中にも、時には狡猾に、時には様々な悲哀を飲み込みながら、「貧しい=だから人情が濃い、正直」のようなきれいごとではなく、貧しいことは辛く、哀しい、だが、そんな中でも生きのびようとする人間のたくましさが、赤裸々にさらされていて、とても強烈に感じた。

8年後の再訪、さらに30年後の再々訪の物語を通し、あの時代、ほんの数年住み着いた主人公と、その土地で生きる人々との関係はいったい何だったのか、長い年月をかけて主人公に考えさせているのも、とても興味深かった。

青べか物語青べか物語 山本 周五郎(著)
新潮社 1963-08 文庫

おすすめ平均star
starうらかす
star昔は蒸気船で、今は地上を走る地下鉄で浦粕へ行く
star浦安・裏ガイドブック
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0)
山本周五郎らしい、懸命に生きていく庶民を描いた中編。

柳橋物語・むかしも今も柳橋物語・むかしも今も 山本 周五郎(著)
新潮社 1963-03 文庫

おすすめ平均star
star失われた人情
star周五郎作品の中では一番面白い
starThe周五郎
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0)
夫婦の絆を探る9編の短編集。

四日のあやめ四日のあやめ 山本 周五郎(著)
新潮社 1978-08 文庫

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0)
端唄の名人と言われた若き中藤冲也が、本格的な浄瑠璃を作ろうと苦闘し続ける物語だそうだ。山本周五郎はこの作品の完成に40年を掛けたという。
見習い店員はほとんどの山本周五郎の作品は読んだつもりだったが、この『虚空遍歴』や『正雪記』など、いくつか取りこぼしていたことに気が付いた。おいおい、読んでいきたい。

虚空遍歴 (上巻)虚空遍歴 (上巻) 山本 周五郎(著)
新潮社 1966-09 文庫

おすすめ平均star
starおけいがいればこそ....冲也の壮絶さは、成り立つというか...
starたかがでもあり、されどでもあり。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

虚空遍歴 (下巻)虚空遍歴 (下巻) 山本 周五郎(著)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| 「や」行の作家 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0)
PROFILE
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
with Ajax Amazon